記事一覧

街中住宅リホーム(7)

       世間ではゴールデンウイークで最長で12日間休みの人も   いるとか・・。   うちの現場は日曜日と旗日以外は、人の休みを横目に   基礎工事の真っ最中!(=゚ω゚)ノ   先日、ベースの生コンを打設する時に布基礎の立ち上がり   部分には鉄筋をあらかじめ組んでるいたので、今度はその   部分にコンパネで布基礎部分のパネルを組みました。   まず、ベース面にスミを打って布基礎の位置、幅を決め...

続きを読む

街中住宅リホーム(6)

           今日は生コンうちです。   助っ人にベテランの左官屋さんに土間の均し方に来て   もらいました。   予定では午前中にコンクリートミキサー車2台、午後から   2台の予定でさっそくスタート。まず外周りの1段低く   なったベースの部分から入れていきます。   1度に土間のレベルまで生コンを入れると、圧力の耐えきれず   型枠が弾けてしまう事もあるので慎重に。慎重に。     ...

続きを読む

街中住宅リホーム(5)

      床を解体すると堀コタツが2つ出てきました。   一つはついこの前まで使っていたそうですが   もう一つは結局1度も使わなかったらしい。         砕石を敷き詰めランマーで叩いたので、鉄筋組みです。   すべて長尺の鉄筋で組むと大変なので外回りの部分は   ユニットを利用しました。   これは布基礎用のユニットですが、外回りベタ基礎用の   ユニットを使います。          ...

続きを読む

街中住宅リホーム(4)

          この時代の建物にはコンクリートで作られた基礎ではなく、   すべての柱が石の上に建ってる。   今回は布基礎に変えるため、柱を切断して浮かせた状態で   基礎工事をすることに。         基礎の石を掘り返してみると出てくる出てくる   私も古い家の解体現場にはけっこう出入りしているが基礎の   石は川の石を使っている事が多いですがこの建物はみかげ石を   使っているところ...

続きを読む

街中住宅リホーム(3)

       解体前の建物です。   施主さんの話によると、この平屋ぶぶんは築80年位らしい。   室内は、和室部屋ですが床からの湿気がひどく畳がユパユパ   してきたので10年くらい前に、知り合いの大工さんに、床を   張り直してもらったらしい。   外から床下を覗いて見ても腐った土台が見えるばかりで、この   建物をリホームすると思うとちょっと腰が退けそうだ。         骨組みにすると、...

続きを読む